Samaroli Glass

We sometimes get a same question from our guests about the glass we're using.
'What sort of glasses for whisky you are using?'.
The glass we're using at Leichhardt is called whisky tasting glass by Samaroli which I found it when I first went to Hong Kong in 2013.


Samaroli glass


Then I brought some back to Fukuoka. And brought them to the study group of NBA, Nippon Bartenders Association, Fukuoka, for checking and comparing with other glasses. As I've expected, all the participants agreed that the Samaroli glass was the best nosing glass.

Soon the bars around Leichhardt showed an interest on the glasses so I planned to import some to Japan aiming to sell them through the internet. however, this plan would not go well and I finally gave up. After that the Number One company in Britain started to sell them in Japan. But they stopped selling after a short while somehow. So it's rare to find the bars using this glass nowadays.


Samaroli nosing
Silvano Samaroli using his glass for nosing and tasting of whisky.


By the way, as you can see from the photo, the rim of the glass is pretty wide compare to the usual whisky tasting glass. This is because to get more aroma of the whisky in the glass. You can find that the dent of the bottom of the glass where whisky stays and once you swirl it, the whisky rises up along the glass inside and you can nose more subtle aroma.

Naturally, some of our guests think this is not a genuine whisky tasting glass and not suitable for tasting whisky because the shape of the glass looks like a wine glass. No wonder they've never seen Samaroli glasses before.
If you haven't used this glass, try tasting whisky at Bar Leichhard. You'll be surprised how the aroma of the whisky changes!



サマローリ本
The book about whisky written by Samaroli, brought to me from a good friend of mine in Hong Kong.
Mr. Samaroli passed away on 16 February 2017. Rest in peace.



ライカードで使用しているウィスキーグラスについて、お客さまからたびたび質問を受けることがあります。
通常のウィスキーグラスとは異なり、口の広いグラスとなっているため、なぜワイングラスのような形のものを使うのかと思われている方もいらっしゃるようです。
このグラスはサマローリのウィスキーテイスティンググラスで、僕が2013年に香港のインポーターを訪れた際、テイスティング時に出されたもので、サマローリ氏が通常のグラスに満足できずに自ら考案したグラスです。サマローリと言えば、1968年に創業したボトラーのさきがけですが、一見ワイングラスのように見えるこのグラス、底の部分が凹んでいて、ウィスキーがワンショット分貯まるようになっています。そしてグラスを回すとウィスキーがグラスの淵を伝わり香りが取れるようになっています。NBA福岡支部のグラス研究会に持ち込ませていただいて、さまざまなグラスと比較してみましたが、参加者全員がサマローリグラスが一番香りを取りやすいという結論になりました。
そこでこのグラスを日本に輸入販売しようと計画を立てていましたが、販売権が英国のナンバーワンカンパニーに渡り、頓挫してしまいました・・・(^^; その後、同社によりインターネットで販売が始まったのですが、なぜかすぐに中止に。そんなわけでこのサマローリグラス、今では希少なものになってしまいました。
ライカードにご来店の際には、ぜひこのグラスでウィスキーを飲まれてみてはいかがでしょうか。きっといつものグラスとは違ったアロマを感じていただけると思います。


*サマローリ氏は、2017年2月16日にご逝去なさいました。ここに謹んでご冥福をお祈りいたします。
  My sincere condolences go to Mr. Samaroli.
Thank you for your excellent bottles. Rest in peace.



スポンサーサイト
プロフィール

 Yu Sumiyoshi

Author: Yu Sumiyoshi
福岡市中央区渡辺通2-2-1 西村ビル5F

(西鉄薬院駅から徒歩3分、城南線沿い、清沢眼科と十八銀行の間にある、西村ビル5階です) 

ウィスキーの品揃えは1000本以上、カクテルも愉しめる落ち着いた雰囲気のバーです。
あなた好みの一杯を見つけてみませんか?

◆営業時間
 午後7時30分~午前2時30分(ラストオーダー 午前 2時)

◆定休日: 月曜日(火曜日が祝日の場合は月曜営業、火曜日を代休)及びイベントなどによる不定休あり。ご来店の際はお電話でご確認ください。

◆Phone: (092)-215-1414 

◆Address
 5F, 2-2-1 Watanabe-dori, Chuo-Ku, Fukuoka-city, Fukuoka, Japan

◆Opening Hours
7:30PM~2:30AM(Last Order 2AM)

◆Closed:Mondays (Open Monday when Tuesday's a public holiday and closed on that Tuesday) , and irregular day off for whisky & coctail events. Please call us.

◆English speaking bartender's available.

Offering a wide range of whiskies and cocktails in Fukuoka City, Japan.
About a 3-minute-walk from Nishitetsu Yakuin Station.
Unable to find us? Call on (092)-215-1414
We look forward to hearing from you soon!

カテゴリー
月別の記事
リンク
QRコード
QRコード