キウイフルーツのカクテル


キウイ・フルーツを使ったカクテルを作ってみました。


キウイのカクテル


ホワイト・ラムを基にして、キウイ・フルーツの実をピューレにしたものと、搾ったオレンジ、ソーダを使った甘酸っぱいカクテルです。

薫り付けにアンゴスチュラ・ビターズを使っています。

グラスはお客さまからいただいた、エルメスを使ってみました。

旬なキウイ・フルーツのカクテル、ぜひお試しください。

もちろん、ベースになるお酒のアレンジや、ノン・アルコールでお作りすることも出来ますので、お気軽にお申し付けください☆



スポンサーサイト

ラフロイグ トリプルウッド

ラフロイグ トリプルウッド、入荷しました。


ロイグ トリプルウッド


トリプルウッドの名のとおり、三つの異なる樽で熟成を行った逸品です。

最初の熟成をバーボン樽、その後クォーターカスクにて熟成させ、最後にヨーロピアン・オークのシェリー樽を使用しているそうです。

クォーターカスクとは、通常の1/4ほどの大きさの樽のことで、ウィスキーが樽に触れる表面積を増やし熟成を早めたものです。


気になる味はというと、薫りはスモーキーでピーティーですが、味わいはクリーミィなココナッツと、メイプルシロップのようなほのかな甘味の中に、ラフロイグ特有の刺激が感じられます。

ラフロイグ独特の個性はそのままに、シェリーカスク由来の甘くフルーティーな味わいも楽しめる逸品に仕上がっています。

ぜひお試しください☆



カボスのジン・トニック


大分県産の天然カボスを、お客さまのakiさんから今年意もいただいたので、カボスのジン・トニックを作ってみました。


カボスのジントニ


カボスというと、酸味が強すぎるため、そのまま飲んだりすることはできませんが、ジンと合わせトニック・ウォーターで割ると、とてもいい感じになります☆

このアイデアは、平尾のバーAdorianoのマスターから教えていただいたものです。

ライムを使った通常のジン・トニックとはひと味違うカボスのジン・トニック、いかがですか??



ジン・トニック


8月も後半に差し掛かりましたが、まだまだ暑い日が続いています。

平尾から薬院へと移転して、2週間があっと言う間に経過しました。

先日、新規のお客さまから電話で問い合わせがありました。

「そちらのお店は『ウィスキーバー』となっていますが、カクテルなど他のお酒は飲めますか?」

というものでした。

カクテル、もちろん大丈夫です!

店名が「ウィスキーバー」となっているため、ウィスキーのみという印象を与えてしまって申し訳ありません。

ウィスキーに力を入れているために、「ウィスキーバー」と名打っていますが、通常のバーと同じように使っていただければ幸いです。

そんなわけで?

爽やかなジン・トニック、いかがですか(笑)??


ジントニ


アードベッグ スーパーノヴァ


アードベッグ スーパーノヴァ、入荷しました。


スーパーノヴァ


2010年リリースのスーパーノヴァ第2弾。

通常のアードベッグのフェノール値40ppmをはるかに凌ぐ100ppm、そしてアルコール度数60.1度という史上最強のアードベッグです。

気になる味はというと、60度のアルコールを感じさせないマイルドさ、そして尋常ではないフェノール値を包み込むような深い味わいです。

ガツンとくる過激さを期待している人は、肩透かしを食ってしまうかもしれません。

だからと言って、物足りないわけではなく、むしろ逆で、虜になってしまうような奥行きのある味に仕上がっています。

ぜひ一度ご賞味ください。

限定品のため、お早めにどうぞ☆



希少ボトル


開店祝いに、Bar Kitajimaの北島さんから、スプリングバンク12年、Kitajima Special Editionをいただきました。

スプリングバンク北島

このボトル、北島さんの名前が入った特別なものです☆

Bar Kitajimaさんの10周年パーティーの際に初めて見て、味見をさせていただいた逸品。

ボトラーズ商品ではなく、スプリングバンク蒸留所のプライベートカスクとなるそうです。


そしてもう一本は、Adorianoの吉田さんからいただいた、ティーチャーズ。

ティーチャーズ吉田

このかなり年数が経過したオールドボトルのラベルには、今は懐かしい「ウィスキー特級」の文字が。

そして今は無きプラのキャップ。

どちらのボトルも有り難すぎて、とても開栓する気になれません(^^;

何かの記念日に開けようかな。

当分は、ライカードのバックバーに彩りを加える存在となりそうです☆

北島さん、吉田さん、ありがとうございました!


開店一週間


新店舗に移ってから、一週間が経ちました☆

その間、お盆も挟んで営業していますが、店休日は未だ決めていません。。

そんなわけで、僕も無休で働いているわけですが・・・(^^;

もうしばらく営業してみてから決めたいと思います。

開店時刻は当分の間、19:00からとさせていただきます。

また英会話と中国語は準備中ですので、よろしくお願いいたします。



ところで先日、ライカードが入っている西村ビルのオーナー夫妻が来店されました☆

僕がこのビルに入ろうと思ったきっかけは、城南線を通っていたときに「あっ、ここ!」といういつもの?直感だったわけですが、不動産に申し込みに行く前に、オーナーさんに挨拶に行ったわけです。

そのときのオーナーさんの笑顔が最高で、もう勝手にこのビルに入ることを決めてしまっていました(^^;

周りの人たちからは、かなりの間、空いているテナントだからやめた方がいいよ、とか、この不況に5階の空中店舗なんて、と言われました。

正直なところ、不安を挙げだせばキリがないのだけれど、もう営業は始まっているわけで、やるしかない!

将来、僕の直感が正しかったことを証明したいと思っています☆

そんな感じの、このいつもの調子の良さで楽天的に構えています(笑)。


それはともかく、この西村ビルにテナントとして入って良かったな、と思うこと、それは一にも二にも、オーナーさんが人格者で何かにつけ協力を惜しみなくしてくれること、です。

それはもう、本当に驚くほどの気遣いを見せてくださるわけです。

通常、不動産のオーナーというと、言葉は悪いですが偉そうにしている人が多く、こちらが店子として、お客として入居しているにも関わらず、不遜な態度を示す人もいるわけです。

入居の関係がどうこうというよりもまず、人として尊敬できない方が多い。

そんな中、西村ビルのオーナーさんはライカードのことを思い、色々と前向きな提案をしてくださるわけです。

嬉しくて涙が出てきそうになります、ホントに(^^;

日本にはたくさんの人がいて、福岡市内にもたくさんの人がいますが、知り合いにならない人がほとんどで、一生他人のままで時間が過ぎていくわけです。

その一方で、そんな多くの人たちの中で出会う人もたくさんいます。

でも出会ったとしても、関係がうまく行かずに別れてしまう人もいます。

縁とタイミングって大切だなあ、と再痛感(笑)。

そして、オーナーさんが言われたひとこと。

「やっぱり人は、ハートだよ」

僕もそう思います。

通じる人にはきっと通じるのだと思います。

そんな思いを胸に、ライカードが熱いハートを持った人たちで賑わう日を夢見ている今日この頃です☆


西村さん、ご来店ありがとうございました!

そして、素敵なお話もありがとうございました!

これからもよろしくお願いいたします!


営業再開いたします


平尾から薬院へと移り、ようやく造作もひと段落つきました。

まだまだ準備することばかりなのですが、このブログを読まれた方が連日差し入れを持ってきてくださったりして、店内はなごやかな雰囲気です。


そんなわけで?いよいよ、8月8日(水)の末広がりな日に、18:00より営業を開始いたします。

新店舗は、ライカードカフェのウィスキーラインナップをさらに充実させたバーとなっています。

お近くにお越しの際は、ぜひお立ち寄りくださいませ。

新しい地での新しい出会いを、スタッフ一同、心待ちにしております。

YS



プロフィール

 Yu Sumiyoshi

Author: Yu Sumiyoshi
福岡市中央区渡辺通2-2-1 西村ビル5F

(西鉄薬院駅から徒歩3分、城南線沿い、清沢眼科と十八銀行の間にある、西村ビル5階です) 

ウィスキーの品揃えは1000本以上、カクテルも愉しめる落ち着いた雰囲気のバーです。
あなた好みの一杯を見つけてみませんか?

◆営業時間
 午後7時30分~午前2時30分(ラストオーダー 午前 2時)

◆定休日: 月曜日(火曜日が祝日の場合は月曜営業、火曜日を代休)及びイベントなどによる不定休あり。ご来店の際はお電話でご確認ください。

◆Phone: (092)-215-1414 

◆Address
 5F, 2-2-1 Watanabe-dori, Chuo-Ku, Fukuoka-city, Fukuoka, Japan

◆Opening Hours
7:30PM~2:30AM(Last Order 2AM)

◆Closed:Mondays (Open Monday when Tuesday's a public holiday and closed on that Tuesday) , and irregular day off for whisky & coctail events. Please call us.

◆English speaking bartender's available.

Offering a wide range of whiskies and cocktails in Fukuoka City, Japan.
About a 3-minute-walk from Nishitetsu Yakuin Station.
Unable to find us? Call on (092)-215-1414
We look forward to hearing from you soon!

カテゴリー
月別の記事
リンク
QRコード
QRコード