Glen Deveron

The Glen Deveron 16 years, Royal Burgh Collection which I've found in HK.

Glen Develon

Glen Deveron is distilled at the Macduff distillery, the most easterly Scotch whisky distillery.

Its single malts are crafted using copper pot stills. Sherry-oak casks are used to mature for this 16yrs to give it a full, fruity taste.

Apparently 20 & 30yrs bottles are available so I might get them when I visit HK next time. Yum☆


グレンデベロン16年です☆
オフィシャルのボトルは久しぶりに見ました。
スペイサイドのマクダフ蒸留所がリリースしています。

このボトルは、僕が香港に行った際に免税店で見つけたものです。
イギリスと東アジアの免税店限定で販売されているそうです。
デベロンシリーズは、20年と30年もラインナップに加わっています。

この16年はフルーティな甘味とふくよかさが口の中に広がり、一口飲むだけで何とも華やかな気分にさせてくれる一本です。

ウィスキー初心者や女性にもおすすめです。
この機会にぜひお試しください☆


スポンサーサイト

Glenfiddich 19 years

グレンフィディック19年レッドワインカスク、入荷しました。

グレンフィディック 19年レッドワインカスク


グレンフィディックの免税店向けボトル、「エイジ・オブ・ディスカバリーシリーズ」の新商品です☆

このレッドワイン・カスク・フィニッシュ19年は、南米産の赤ワイン樽でフィニッシュを行ったものだそうです。

真っ黒なボトルは、見るからに中身も濃そう。

最近はシェリー樽熟成やフィニッシュが人気がありますが、レッドワイン・フィニッシュもとても美味しそうな響きです。

まだ飲んではいませんが、きっと期待を裏切らないような気がしています。

開栓が楽しみな一本です☆

このボトルも免税店向け商品のため、国内販売はありません。

ぜひご賞味ください☆



The Balvenie 16 years

バルヴェニー16年トリプルカスク、入荷しました☆

バルヴェニー16年


トリプルカスクの名の通り、オロロソ・シェリー樽、ファーストフィル・バーボン樽、そしてホワイト・オーク樽の3つの異なる樽で熟成させています。

薫りはバニラのように甘く、果物のような、まろやかでコクのある味に仕上がっています。

ひとくち飲んで、「うわ~美味しい!」と叫んでしまいました(笑)。

日本未発売の一本です☆

ぜひご賞味ください。


Whiskies R Us: English Article Here


グレンリベット31年

ハートブラザーズのオールドボトル、グレンリベット31年です☆


グレンリベット31年


1975年蒸留、2006年瓶詰めの31年もの。

香りも良く、味わいもしっかりとしていて、飲んだ後の余韻も見事です☆

70年代のモルトは本当においしいですね。

ゆっくりとリラックスしたいときにぜひ飲まれてみてください。

幸せな気分に浸れますよ。

ご来店、お待ちしています☆



最近のお気に入り

ゴードン&マクファイル社、リンクウッド1989 12年です。


リンクウッド1989


カスクストレングスでボトリング、アルコールは61%です。

熟成年数こそ長くはないものの、しっかりとした甘味とコクがある、典型的なリンクウッドです。

加水することで香りが広がり、味に奥行が出ます。

最近飲んだモルトの中でもお気に入りの一本☆

89年ものには当たりが多いような気がします。

もちろんこれは僕の個人的な好みですけれど。。(^^;



リンクウッド1988

シグナトリーヴィンテージ社、リンクウッド1988 14年、入荷しました。


リンクウッド1988 14年


程よい甘さが定評のリンクウッドですが、シグナトリー・ヴィンテージ社によってシェリー樽で熟成され、とてもやわらか味のある飲みやすい一本に仕上がっています。

アルコール43%、上品なシェリー香が漂います。

味わいはライトでソフトですが、ほのかにピートも感じられます。

アイラモルトのようなパンチはありませんが、ゆったりとした気分でくつろぎながら緩やかに飲むには、癒しをもたらしてくれる最高のウィスキーだと思います。

仕事帰りにぜひ一杯お試しください☆


サマローリ:モートラック1989

イタリアのボトラーズ、「サマローリ」のモートラック1989 13年です☆


サマローリ:モートラック1989


1968年イタリアに創業したサマローリは、スコットランド国外初のインディペンデントボトラーです。

非スコットランドボトラーの先駆者として、数多くの伝説的なボトリングを輩出。

その安定したクオリティの高さには定評があります。

とはいえ、ハズレのときには完全に外してしまうサマローリのボトル(笑)。

開栓するまではわからないわけですが、このモートラックは当たりでした☆

サマローリのボトルは、通常のウィスキーとは異なり、ワインのようにオープナーでコルクを抜かなければならないのですが、年代物のためコルクが乾き切ってしまっていることが多く、抜栓の際にボロボロと欠けてしまい瓶内に落ちてしまうことがよくあるのです。。

そんなわけで、今回も開栓にはかなり慎重でした。

注意深くオープナーをねじ込み、引き抜こうとすると、指先に伝わってくるあやふやな感触。。

あっと言う間に崩れてしまいそうだったので、ゆっくりゆっくり、じわじわと引き上げました。

幸い、コルクは崩れずに抜けたのでホッとしましたが・・中に落ちてしまうとストレーナーを使って濾したりと大変な作業が待っているのです・・・。

そうやって慎重に抜栓したモートラックからは、シェリー樽熟成特有の甘い香りが立ち上ってきています。

少量を口に含むと、モートラック特有の甘味をさらに凝縮したような、ナッツやチョコレートに似た苦味ある味わいが広がります。

なんとも奥深い味わいで、美味しい!

そして余韻も長い!

一口飲むだけで、幸せ気分に浸ることができるサマローリのモートラック。

ぜひ一度お試しください☆


プロフィール

 Yu Sumiyoshi

Author: Yu Sumiyoshi
福岡市中央区渡辺通2-2-1 西村ビル5F

(西鉄薬院駅から徒歩3分、城南線沿い、清沢眼科と十八銀行の間にある、西村ビル5階です) 

ウィスキーの品揃えは1000本以上、カクテルも愉しめる落ち着いた雰囲気のバーです。
あなた好みの一杯を見つけてみませんか?

◆営業時間
 午後7時30分~午前2時30分(ラストオーダー 午前 2時)

◆定休日: 月曜日(火曜日が祝日の場合は月曜営業、火曜日を代休)及びイベントなどによる不定休あり。ご来店の際はお電話でご確認ください。

◆Phone: (092)-215-1414 

◆Address
 5F, 2-2-1 Watanabe-dori, Chuo-Ku, Fukuoka-city, Fukuoka, Japan

◆Opening Hours
7:30PM~2:30AM(Last Order 2AM)

◆Closed:Mondays (Open Monday when Tuesday's a public holiday and closed on that Tuesday) , and irregular day off for whisky & coctail events. Please call us.

◆English speaking bartender's available.

Offering a wide range of whiskies and cocktails in Fukuoka City, Japan.
About a 3-minute-walk from Nishitetsu Yakuin Station.
Unable to find us? Call on (092)-215-1414
We look forward to hearing from you soon!

カテゴリー
月別の記事
リンク
QRコード
QRコード